医療法人平松クリニック

  • home
  • 交通アクセス
  • 前院長
  • 院長紹介
  • 診療理念
  • 当院でできる検査・検診
  • 得意分野
  • 求人情報

得意分野

糖質制限食
総合内科の特徴は、特定の臓器だけではなく身体全体を診ること、心や生活背景も診ることです。例えば、「動悸がする」という症状の原因は、不整脈、弁膜症といった心疾患だけではなく、貧血、甲状腺機能亢進症、不安・パニック障害といった原因も考えられます。お話しを聞き、診察をした上で、必要な検査や治療を的確に提案できればと思います。

胃内視鏡
当院では、経鼻対応の細い胃カメラを用いて、軽い鎮静剤を前処置として併用し、口から挿入しております。鼻から挿入する欠点として、鼻腔が小さい方や鼻中隔湾曲症、慢性鼻炎などがある方では、苦痛を伴ったり、鼻腔を傷つけて鼻出血を招いたりすることがあります。当院の方法では、極めて楽に胃カメラを受けることができます。患者様から"今まで受けた胃カメラで一番楽だった。"と評価をしばしばいただいております。現在は、消化器内科医が土曜日に行っております。

漢方療法
漢方治療は簡単ではありません。いわゆるオーダーメイドです。その人の体質を見きわめるのが治療の上で重要です。
その判断を、体格や舌や脈を診て、もしくは問診をした上でそれぞれに合った治療法を決めます。漢方は、古くからある伝統的医療ですので、症状のある疾患の方が得意分野です。また、よく聞かれることですが、漢方薬は長く飲まないと効かないのではないか、すぐには効かないのではないかと質問されますが、そうではありません。例えば、風邪や気管支炎などの急性疾患にも有効ですし、慢性頭痛や自律神経失調症、過敏性腸症候群や慢性胃炎、アレルギー性鼻炎や気管支ぜんそく、蕁じん麻疹などにも1週間から10日程度の比較的早期に効果を発揮します。一方、症状のない高血圧の方で血圧を下げたり、糖尿病において血糖値を下げたりするのは得意ではありません。西洋医学にはない、漢方の良い所を随所に取り入れた一味違う医療を経験してください。

求人情報

◎現在は募集しておりません。