平松クリニック|名古屋市名東区の内科・消化器内科

消化器内科

消化器内科Gastroenterology

消化器内科が専門とする臓器には食道、胃、腸、肝臓、胆のう、膵臓などがあります。当院では日本消化器病学会専門医がこれらの臓器の病気や、お腹に関わる症状を全般的に診察します。

下記のような症状がある方はお気軽にご相談ください。

  • 腹痛
  • 胸やけ
  • 吐き気
  • げっぷ
  • 胃もたれ
  • 便秘
  • 下痢
  • 肝臓の数値が高い
消化器内科の主な病気

消化器内科の検査Gastroenterology examination

消化器内科の疾患についてDiseases of gastroenterology

逆流性食道炎

逆流性食道炎は、胃酸や胃の内容物が食道に逆流することで、食堂の粘膜が刺激されて炎症を引き起こす症状です。

主な症状

食道の炎症により、胸焼けなどの不快な症状が起こります。

逆流性食道炎の仕組み

【画像】食道知覚過敏
【画像】胃内圧の上昇
【画像】下部食道括約筋の機能低下
【画像】胃分泌液増加

逆流性食道炎の予防方法

  • 食事
    食べ過ぎや飲み過ぎをしないように、特に脂っこいものや香辛料の効いたものを避けるようにしましょう。
  • おなかの圧迫
    おなかを圧迫しないよう、姿勢に気をつけ圧迫するような要因は作らないようにしましょう。
  • 眠るとき
    上半身を少し起こすようにしましょう。
胸焼けを起こしやすい食べ物や飲み物
  • 油っぽいもの(揚げ物)
  • 甘いもの(ケーキ・チョコレートなど菓子類)
  • 酸っぱいもの・刺激のあるもの
  • 香辛料(とうがらし)
  • その他(アルコール類・たばこ)
おなかの圧迫になる姿勢
  • 食後すぐに横にならない。
  • 前屈みにならない。
  • 重いものを持ち上げたりしない。
  • おなかを締め付けないよう、ベルトなどはゆるめに。
  • 肥満にならないように気をつける。
  • 便秘にならないようにする。
  • 妊娠時はおなかが圧迫されやすいため注意する。

慢性胃炎

慢性胃炎は、胃に刺激が繰り返し加わることで、慢性的に炎症を起こしている状態です。
本来、慢性胃炎とは検査によって胃粘膜に炎症がある場合につけられる病名で、自覚症状だけでは慢性胃炎の確定診断は困難です。

主な症状

  • 常に胃に不快感がある
  • 胃もたれや食後の腹痛
  • 時に空腹時に痛みがある
  • 食欲不振
  • 胸焼けや吐き気など
  • ほとんど自覚症状がない場合もあります。

原因

  • 過度の喫煙や飲酒などが続いた時
  • 加齢による胃の老化
  • ピロリ菌の感染
【画像】過度の喫煙や飲酒などが続いた時
【画像】加齢による胃の老化
【画像】ピロリ菌の感染

機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアとは胃の痛みや胃もたれなどの症状があるものの、検査では病変の原因が見つからないという症状です。

【画像】機能性ディスペプシア

主な症状

  • つらいと感じる食後の胃もたれ
  • 食事開始後、すぐに胃がいっぱいになる感じ
  • みぞおちの痛み

原因

  • 胃の働きが悪くなっている
  • 胃酸の刺激を受けやすくなっている
  • 心理的・社会的要因からくるもの
  • ピロリ菌によるわずかな炎症の影響 など

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、腹痛や腹部不快感を伴う下痢や便秘などの、便通異常が慢性的に繰り返される症状です。

主な症状

大腸の運動および分泌機能の異常で起こります。
検査を行っても炎症などの異常が見られず、下痢や便秘、ガスが溜まりお腹が張るなどの症状が起こります。

【画像】過敏性腸症候群

お腹の症状
  • 腹痛
  • 下痢・便秘
  • 膨満感(お腹がはる)
  • 残便感
  • 腹部不快感
  • お腹にガスが溜まる
  • お腹がゴロゴロ鳴る
その他の症状
  • 精神
    不眠、不安感、抑うつ
  • 全身性
    頭痛・頭重感、疲れやすい、めまい、背部痛・肩こり
  • 消化器
    吐き気、嘔吐、食欲不信など

脂肪肝

肝細胞の中に中性脂肪が蓄積された状態を脂肪肝といいます。
肝臓全体に脂肪が溜まり、フォアグラ状態となります。
この脂肪肝が進行すると、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)などの、糖尿病などアルコール以外の原因で発症する肝臓障害が引き起こされます。

【画像】脂肪肝
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)

アルコール性肝障害に似た症状を示します。過度の栄養摂取による脂肪肝を背景として発症し、肝炎や肝硬変に発展する進行性の疾患です。

原因となる病気

  • 肥満
  • 糖尿病
  • アルコールなど

症状

多くの場合は自覚症状はありません。

脂肪肝の治療

【画像】摂取カロリーの抑制
【画像】アルコールの摂取制限
【画像】適度な運動
【画像】十分な睡眠